ニュース & メディア

荏原がハノイで洪水対策向けポンプのセミナーを実施

2014.12.19
株式会社荏原製作所

 近年、東南アジアで洪水対策・水道事業のポンプの需要が高まる中、ポンプのトップメーカー荏原は、2014年12月10日と11日の二日間ベトナム ハノイのWater Resources University (水資源大学)、Department of Agriculture & Rural Development(ハノイ市農業局)などで、大学の講師や技術者向けの“洪水対策向けポンプ”のセミナーを行いました。セミナーはベトナム語で行われ、各日30数人の受講者が参加しました。

 ハノイ市内は平坦で水はけが悪く、大雨が降ると市内の各所で道路が冠水し市民生活に大きな影響が生じています。本セミナーでは、日本やバンコクの洪水対策、排水機場の紹介、大型排水機場の基本計画などについて講義を実施しました。

 荏原は、技術指導などの国際協力を通じて、主として東南アジア諸国との相互理解を深めてきました。1989年の畠山清二記念荏原基金設立以来、これまでに東南アジア各地でセミナーを245回ほど開催しており、延べ11,000人以上の人が参加しています。2014年はタイ、ベトナム、カンボジア、などでセミナーを行いました。

 ベトナム国内では水道事業・洪水対策はもちろん農業や下水道向けなどで、1000台以上の荏原のポンプが活躍しています。2008年にハノイで大洪水が発生した際、南ハノイのYen Soポンプ場に納入した荏原のポンプが1週間稼働し続け、被害の拡大を食い止めました。今後もポンプをはじめとする製品・サービスの提供をするだけでなく技術セミナーなどの国際協力活動を通じて、荏原は、ベトナムをはじめとする東南アジア諸国の発展に貢献していきます。

セミナーの様子
セミナーの様子
<Business Contact Point in Vietnam>
Pump Business Ebara Vietnam Pump Co., Ltd.
http://ebarapump.com.vn/en/

以上