ニュース & メディア

荏原がミャンマーでポンプのセミナーを実施

2015.07.30
株式会社荏原製作所

 ポンプのトップメーカー株式会社荏原製作所(以下:荏原)は、2015年7月15日、16日の二日間ミャンマーヤンゴンのミャンマーエンジニアリング協会(Myanmar Engineering Society)で、ポンプ技術についてのセミナーを開催しました。官庁や民間企業などから52名が参加しました。

 ミャンマーの主要産業は農業で、GDPの半分近くを占めています。国を挙げて灌漑対策に注力しており、農業を管轄する農業灌漑省(Ministry of Agriculture and Irrigation)には、ポンプ部門(Pump Division)が設けられています。一方、急速に発展する都市部では大雨による道路の冠水対策が喫緊の課題です。セミナーでは、灌漑対策、洪水対策に用いられるポンプの基礎知識・設備の基本計画を中心に講義を行いました。

 荏原は、技術指導などの国際協力を通じて、世界各国で相互理解を深めてきました。1989年の畠山清二記念荏原基金設立以来、世界各地でセミナーを250回以上開催しており、延べ11,000人以上が参加しています。2015年度はタイ、ベトナム、カンボジア、コロンビア、ペルーなどで計10回のセミナーを予定しています。
 荏原は、今後もポンプをはじめとする製品・サービスの提供をするだけでなく技術セミナーなどの国際協力活動を通じて、東南アジア・南米諸国などの発展に貢献していきます。

セミナーの様子
セミナーの様子
<Business Contact Point in Myanmar>
Pump Business Ebara (Thailand) Limited (ETL)
http://www.ebara.co.th/

以上