ニュース & メディア

荏原エリオット コンプレッサ累計出荷台数1000台達成

2015.08.25
株式会社荏原製作所
株式会社荏原エリオット

 当社グループの荏原エリオット(社長:髙村和朗 所在地:千葉県袖ケ浦市)は、2015年8月、袖ヶ浦工場のコンプレッサ累計出荷台数1000台を達成しました。
 コンプレッサは、気体を圧縮する機械です。天然ガスや石油精製プラント、石油化学プラントなどで使用され、その心臓部と呼ばれるほど重要な役割を果たしています。
 荏原エリオットとエリオットカンパニー(Director/President:Arthur R.Titus、所在地:米国ペンシルバニア州、以下:米国エリオット社)は2011年よりエリオットグループとして統合経営を開始しています。米国エリオット社は105年の長い歴史を有し、ジャネット工場(ペンシルバニア州)のコンプレッサ累計出荷台数は既に2600台を超えています。

 拡大するエネルギー需要に対応して、天然ガス、石油精製プラントおよび石油化学プラントなど世界中のプラントでエリオットグループのコンプレッサが多数活躍しております。今後も、皆様に信頼され、期待され続ける製品を提供するため更なる品質・サービスの向上に全力で取り組んでまいります。

1000台目のコンプレッサを囲んで(出荷前に袖ヶ浦工場にて)
1000台目のコンプレッサを囲んで(出荷前に袖ヶ浦工場にて)
【略歴】
1910年 米国エリオット社 設立
1912年 荏原製作所 設立
1964年 米国エリオット社ジャネット工場からコンプレッサ1号機出荷
1975年 袖ヶ浦工場竣工
1990年 米国エリオット社ジャネット工場コンプレッサ出荷台数2000台達成
2002年 荏原製作所気体機械事業部を株式会社荏原エリオットとして分社
2011年 エリオットグループホールディングス株式会社 設立
2015年 荏原エリオット袖ヶ浦工場のコンプレッサ出荷台数1000台達成

以上