ニュース & メディア

北秋田市クリーンリサイクルセンターエネルギー回収推進施設建設工事を受注

2015.10.09
株式会社荏原製作所
荏原環境プラント株式会社

 当社グループの荏原環境プラント株式会社(社長:市原 昭、本社:東京都大田区)は、北秋田市から「北秋田市クリーンリサイクルセンターエネルギー回収推進施設建設工事」を受注いたしました。

 本工事は、既存のごみ焼却施設及びし尿処理施設の老朽化に伴い、北秋田市から発生する一般廃棄物及び汚泥を集約処理する新たな処理施設を建設するもので、適正かつ安定したごみ処理を継続するとともに、エネルギーの有効利用を図り、循環型社会・低炭素社会の形成に寄与する施設を整備することを目的としております。
 北秋田市内の汚泥を受入れ、可燃ごみと混焼させる計画に対して、豊富な実績を持ち、汚泥の量、質の変動に対して、常に安定した汚泥混焼が実現可能な流動床式焼却炉の採用を提案し受注いたしました。

 荏原環境プラントは、これまでの実績で培ったノウハウを活かし、施設のライフサイクルをトータルで見据えた設計と、地域環境に配慮した安全な施工により、長きにわたり安心してお使いいただける施設をこれからも提供してまいります。

【工事概要】
事業名称 北秋田市クリーンリサイクルセンターエネルギー回収推進施設建設工事
発注者 北秋田市長 津谷 永光 様
施設規模
余熱利用
50t/日(25t/16h×2炉)
場内給湯・暖房
工事期間 2015年6月11日~2018年3月30日
建設場所 秋田県北秋田市坊沢字大野宮後地内
事業費 49.8億円(消費税相当額を含まず)
※本受注は2015年第1四半期に計上済みです。

以上