ニュース & メディア

熊本事業所内に新工場を増設

2016.02.09
株式会社荏原製作所

 荏原製作所(以下:荏原)は、堅調な需要拡大が見込まれる半導体設備投資やお客様の多様なニーズに柔軟に対応するため、精密・電子事業の基幹生産工場である熊本工場の増強を決定しました。今回の増強は、熊本事業所内に既存の工場設備とほぼ同規模の新工場を増設するものであり、荏原の精密・電子事業では2001年の熊本工場竣工以来の大型設備投資となります。新工場は、主力生産機種であるCMP装置をはじめ、各種半導体製造装置の生産に対応する、柔軟性の高い生産設備となる予定です。また、クリーンルーム内の空調で使用する電力の半減や生産過程で使用された水の95%以上の再利用などを通じて、環境負荷低減や周辺環境との調和に努め、地域との共生を図ります。更に、九州・中国地域を中心としたドライ真空ポンプのオーバーホール拠点として、サービス工場の新設も行う予定です。
 荏原は、これからもお客様の要望に応えた高機能な半導体製造装置の提供とサービス&サポート体制の拡充を図り、半導体業界の発展に貢献していきます。

【計画概要】
(1) 熊本事業所概要
所在地 :熊本県玉名郡南関町肥猪4000-1
敷地面積 :約140,000平方メートル
(2) 新工場計画概要
施設内容 :半導体製造装置の生産及びドライ真空ポンプのサービス&サポート
建築面積 :約12,000平方メートル
着工時期 :2016年3月
稼働開始予定 :2016年12月
投資額 :約68億円

【新工場増設の背景】
 半導体市場は、世界半導体市場統計(WSTS:World Semiconductor Trade Statistics)などで、2017年までの堅調な成長が予測されています。更に将来的にも、自動車、エネルギー、メディカルの分野での需要拡大や、あらゆるモノがインターネットでつながるIoT(Internet of Things)の進展などにより、市場の成長が見込まれています。一方で、半導体製造装置には、用途や製造プロセスなど多様なニーズへの対応が求められています。
 このような状況の中、荏原では、もう一つの国内生産拠点である精密・藤沢工場(神奈川県藤沢市)との機能分担を含めた精密・電子事業全体の生産・物流・調達戦略を精査した上で、熊本事業所内での新工場増設による「生産能力の柔軟性確保」が今後の同事業におけるグローバル競争力向上及び事業価値向上の観点から最良の選択肢と判断し実施を決定しました。精密・熊本工場では、これにより生産能力が従来の二倍に拡大するとともに、顧客ニーズや納期などへの柔軟な対応と精密・藤沢工場を含めたフレキシブルな生産運営が可能になります。今後は、市場ニーズの変化や製品戦略に基づいた、藤沢・熊本両拠点での生産体制の最適化を図ってまいります。これらにより、変化のスピードが速い半導体業界において、顧客ニーズに柔軟に対応し、事業拡大を図ってまいります。

以上