ニュース & メディア

熊本県南関町と工場立地協定を締結
~精密・電子事業の基幹生産工場である熊本工場を増強~

2016.03.03
株式会社荏原製作所

 熊本県南関町と荏原製作所(以下:荏原)は、熊本県南関町における新工場増設について、立地協定を締結し、3月2日に熊本県蒲島知事立ち会いの下、調印式を行いました。
 調印式では、社長の前田が、熊本新工場建設の重要性と熊本県、南関町の地域の皆さまへの感謝の言葉を述べました。
 荏原は、2001年にCMP装置の量産工場として、熊本事業所を開設しました。今回の増強は、熊本事業所内に既存の工場とほぼ同規模の新工場増設とサービス工場を新設するもので、2016年12月の稼働を予定しています。

左より、前田東一代表執行役社長、熊本県蒲島郁夫知事、南関町 佐藤安彦町長
左より、前田東一代表執行役社長、熊本県蒲島郁夫知事、南関町 佐藤安彦町長
【新工場計画概要】
(1) 熊本事業所概要
所在地 :熊本県玉名郡南関町肥猪4000-1
敷地面積 :約140,000平方メートル
(2) 新工場計画概要
施設内容 :半導体製造装置の生産及びドライ真空ポンプのサービス&サポート
建築面積 :約12,000平方メートル
着工時期 :2016年3月
稼働開始予定 :2016年12月
投資額 :約68億円

【新工場について】
 新工場は、主力生産機種であるCMP装置をはじめ、各種半導体製造装置の生産に対応する、柔軟性の高い生産設備となる予定です。九州・中国地域を中心としたドライ真空ポンプのオーバーホール拠点として、サービス工場の新設も行う予定です。

以上