ニュース & メディア

エバラ時報 No.249

忘れられている分別とリサイクルの目的

次世代型流動床高効率ごみ発電施設技術について
〜平塚市「環境事業センター」の運転状況報告〜

 平塚市環境事業センターは,DBO(Design:設計,Build:施工,Operate:運営)方式によって建設された施設である。施設運営の期間は20年間であるが,2013年9月に竣工・引渡後も順調な稼働を継続し,現在は約1.5箇年が経過したところである。本施設は,処理規模315 t/d(105 t/24 h×3炉)の流動床焼却炉を有している。流動床焼却炉の特長を生かし,安定したごみの処理を行いつつ送電量変動を小さく抑えた運用を実践し,グリーン電力発電所としての機能を最大限に発揮している。
 本報告では竣工後1.5年間の運転状況とともに,現在取り組んでいる発電量/送電量管理について報告する。

下水消化汚泥からのリン除去回収技術

 我が国が全量を輸入に頼るリンは,肥料や工業利用に必須の貴重な資源である。一方,下水処理場では放流水のリン負荷低減や,リンによるスケール障害が課題となる場合がある。これらを解決すべく,消化汚泥中のリンをリン酸マグネシウムアンモニウム(以下MAPと略記)として回収できる機械攪拌式MAP法を開発した。国土交通省下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)を水ing・神戸市・三菱商事アグリサービス共同研究体で受託し,実規模実証プラントでの実証を行った。その結果,安定して良好な性能を示し,MAP回収量は従来法に比べ約1.8倍増加する試算となった。回収MAPは肥料登録を完了し,神戸市と共同で地域活用について研究している。

北海道岩見沢市向けストーカ式焼却施設
「いわみざわ環境クリーンプラザ」の建設・納入

 2015年3月末にストーカ式ごみ焼却施設「いわみざわ環境クリーンプラザ」を北海道岩見沢市に納入した。本施設は岩見沢市,美唄市,月形町の3市町のごみを処理する施設であり,ストーカ式焼却施設とリサイクル施設で構成される中間処理施設である。
 本施設は,最新式ストーカ技術を組み込んだ環境負荷の低い最新鋭の施設である。また,排ガスを高度処理するだけでなく,ごみ焼却廃熱から得る蒸気を発電に利用し,エネルギーの有効利用を図るとともに自然環境や社会環境との調和,経済性に十分配慮した施設である。契約から竣工まで非常に短納期であったため,ストーカブロック化等の様々な工夫を行い建設に当たった。また,性能試験では設計どおりの性能が発揮されていることが確認できた。

よみがえれ越後平野
(新川河口排水機場ポンプ設備更新工事−第2報)

 新潟市西蒲原地区に建設された国内最大級排水機場の一つである新川河口排水機場ポンプ設備更新工事が完了した。工事は既設の土木躯体を継続使用して,コンクリートケーシング構造の口径4200mm横軸軸流チューブラポンプを撤去・更新するものであり,機場の排水機能を維持しながら非出水期に毎年1台ずつ計6台を更新する難度の高い工事であった。工事中に発生した様々な課題にも,荏原で実施してきた更新工事のノウハウを生かすことで,更新工事を着実に実施,完了することができた。
 第1報では本排水機場の特徴と更新工事の設計的な要点を報告したので,本報では現地更新工事の着眼点と工夫について報告する。

給水装置 製品技術紹介
−第5回 増圧給水方式について−

 当社の主力製品である給水装置(給水ユニット)の技術紹介シリーズとして,第1回・第2回講座では給水方式の種類と用途,選定方法などについて,第3回講座では,給水方式の中で最も基本的な圧力の制御方式であるON/OFF制御方式について,第4回講座では,ON/OFF制御方式に比べて水圧変動を抑えるとともに,省エネルギー効果の高い運転をする速度制御方式について説明を行った。
 第5回となる本稿では,水道本管から分岐した配水管に給水装置を直接接続し,配水管の圧力を利用し不足分だけを増圧する増圧給水方式と,それを用いた給水装置について,その制御方式の内容,実機の構造と主要構成部品,様々な特殊仕様,安全に運転するための保護機能等を紹介する。