ニュース & メディア

小山広域保健衛生組合向け新ごみ処理施設を納入 20.5年間の運営業務を開始

2016.10.25
株式会社荏原製作所
荏原環境プラント株式会社

 当社グループの荏原環境プラント株式会社(社長:市原昭、本社:東京都大田区)は、2013年に受注した「小山広域保健衛生組合第1期エネルギー回収推進施設整備・運営事業」における施設建設を進めてきましたが、2016年9月に同施設「小山広域保健衛生組合中央センター70t 炉」の建設工事を完了し、2016年10月より、荏原環境プラントの100%子会社である株式会社おやまEサービスによる20.5年間の運営業務を開始しました。 

 本施設は最新型のエバラHPCC21型ストーカを採用し、安定したごみ処理を行うとともに、高効率発電と省エネルギーを実現することで、CO2 排出量を抑制し環境負荷の低減を図ります。
 また、発電した電気は、施設の電力を賄い、さらに余った電気は売電します。荏原グループは廃棄物処理施設の設計・建設から運転管理・メンテナンスまで、一貫して対応できる体制を構築しており、永年培ってきた技術と長期運営のノウハウを活かします。今後も施設の安全で安定した運営を通じて、循環型社会の形成に貢献してまいります。

株式会社おやまEサービスは、本事業を遂行するために荏原環境プラントが100%出資して設立した特別目的会社です。

以上