ニュース & メディア

組織体制及び人事制度の変更について

2017.03.28
株式会社荏原製作所

 荏原グループは「成長への飽くなき挑戦」をスローガンとする新中期経営計画E-Plan2019を策定・公表いたしましたが、その実践に向け「競争し、挑戦する企業風土」への変革を目指し、4月より以下の組織体制及び人事制度改定を実施します。

1. 組織の大型化・フラット化
円滑な部門間の連携、視野拡大による人材育成の推進等を目的として、個々の組織の規模を大型化します。また、迅速性等の観点より、組織階層のフラット化を行います。
これに伴い、組織及び役職の名称については従来の室長・グループ長等を廃止して部長・課長とし、組織の責任者としての役割をより明確化します。
2. 役割等級制度の導入
役員・管理職層の人事制度改革を実行し、年功制を排除し、人材登用の活性化と実力・成果に基づいた公正な評価による処遇を実現させるため、「役割等級制度」を導入します。なお、組合員層に対しても同様の制度導入に向けて検討を進めています。
3. 役員制度等の変更
一昨年度に指名委員会等設置会社に移行し、当社の会社法における役員が取締役及び執行役に明確化されたこと等に伴い、4月に執行役員制度、7月に理事制度を廃止し、役割での処遇に統一化します。

以上