ニュース & メディア

EOI国際シンポジウムを開催しました

2018.06.07
株式会社荏原製作所

講演者の皆さん

 荏原製作所(以下:荏原)は、2018年5月に藤沢事業所で「The 1st Ebara Open Innovation International Symposium on CMP」と題しCMP分野でこれまで共同研究を実施して来た国内外の著名な先生方8人をお招きして、第1回の国際シンポジウムを開催しました。
 荏原は「BRDIP+ABA」のスローガンの下、事業に資する研究開発と、アカデミアやアソシエーションに資する活動を行っています。外部の研究機関と共同で研究開発を行うEOI(Ebara Open Innovation)を2010年に立ち上げ、現在では30大学・50研究室以上と連携して研究開発活動を行っています。本シンポジウムは、招待講演者に共同研究の内容を体系的に事業部やコーポレート研究者にレクチャーいただき、活発な討論をすることで、関係者の相互理解と親交を深めるとともに研究内容の活性化を促すことを大きな目的としました。

 招待したご講演者は、Babu教授(米国 クラークソン大学)、Park教授(韓国 漢陽大学校)、Chen教授(台湾 台湾科学技術大学)、Kim教授(韓国 成均館大学校)、天谷教授(群馬大学)、福間教授(金沢大学)、鈴木准教授(名古屋大学)、真田准教授(静岡大学)です。シンポジウムは全て英語で行われ、精密・電子事業カンパニーの社員を中心に100名を超える社員が参加しました。
 荏原では、これからもOpen Innovationを活用した研究開発を進め、各事業の競争力を強化してまいります。

※「BRDIP+ABA」
1) BRDIP:Business, R&D and IP を統合した荏原標語。「ブルディップ」と呼称。
2) ABA:Academy, Business and Associations を意味する荏原標語。「アバ」と呼称。