ニュース & メディア

「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」の提言に賛同しています

2019.05.27
株式会社荏原製作所

 荏原製作所(以下、荏原)は、金融安定理事会(FSB)により設置された「気候関連財務情報開示タスクフォース(以下TCFD)」の提言に賛同しました。

1. 背景と狙い
 荏原は創業以来、人々の暮らしに欠かせない、水・エネルギー供給などの社会・産業インフラに向けて製品やサービスを提供し続けてきました。今後も社会とともに持続的に成長し、企業価値を更に向上させていくため、気候変動に関する対応を優先事項の一つとして捉え、CO2排出削減を含む様々な環境対応策に積極的に取り組み、サステナブルな社会の実現に貢献したいと考えます。

2. 今後の展開
 今後は、TCFDの提言に基づき、気候変動が事業に与えるリスク・機会の両面に関して、戦略・リスク管理・ガバナンスの質を高め、これら情報の積極的な開示を進めていきます。

気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)について
TCFD は「Task Force on Climate-related Financial Disclosures」の略で、主要国の中央銀行や金融規制当局などが参加する国際機関である金融安定理事会(FSB) によって2015年12月に設立されたタスクフォースです。
TCFD公式サイト(英語):https://www.fsb-tcfd.org/