ニュース & メディア

広島市 新千田ポンプ場の増設工事を受注

2019.10.31
株式会社荏原製作所

 荏原製作所(以下:荏原)は広島の市街地における雨水時の排水を担う新千田ポンプ場(以下:機場)において、機械設備工事を受注しましたのでお知らせします。

1. 背景と狙い
 広島の中心市街地は、太田川の低地部に位置し満潮時は地盤が海水面よりも低くなるという特長があります。そのため、近年の異常気象が引き起こす大雨による浸水の対策として、機場には排水能力を増強し、更なる被害を軽減させることが期待されています。今回受注した全速全水位先行待機型ポンプは、急激なゲリラ豪雨による大量の雨水流入にも対応可能な設備です。

2. 工事概要
 今回受注したポンプと従来のポンプを合わせ、本機場の総排水能力は従来の1.4倍となりました。
工事名称 広島市新千田ポンプ場ポンプ設備工事その3
広島市新千田ポンプ場ポンプ設備工事その4
発注者 日本下水道事業団
施工場所 広島市中区南千田東町地内 新千田ポンプ場
ポンプ(型式名) 立軸渦巻斜流ポンプ(2000VLYGE型)
2000mm×588m3/min×25.5m 1台
工 期 2019年3月~2021年3月

3. 今後の展開
 荏原は、雨水排水機場では国内トップのポンプ納入実績を持ち、現在も新設はもちろん更新や改造など多くのプロジェクトを遂行中です。荏原はこれからもポンプ事業のトップメーカーとしてお客様の課題を解決し、安全な工事を進め、安心できるインフラ設備の発展に貢献してまいります。
急な豪雨に対応するため雨水がポンプ機場に流れ込む前に、水位にかかわらず全速で待機運転ができるポンプ。

 荏原グループは、経営方針に基づいて企業価値の更なる向上を図るため中期経営計画とESG重要課題に取組み、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に寄与します。

持続可能な街づくり

災害に強い街づくり