ニュース & メディア

新型給水ユニット「フレッシャー3100NEO BN-MG型」を発売 -業界最小クラスの設置面積を実現-

2019.11.28
株式会社荏原製作所

フレッシャー3100NEO BN-MG型

 荏原製作所(以下:荏原)は、2019年12月より「スペースをもっと有効に、施工をもっと快適に」を実現した新型給水ユニット フレッシャー3100NEO BN-MG型10機種の販売を国内向けに開始します。

1. 背景と狙い
 給水ユニットは、ビルやマンションなどの建築設備や工場設備等において安定した水供給を担う重要な機器です。そのため、機器の省エネルギー化はもちろん、省スペース化やメンテナンスの容易性、高い信頼性が求められます。荏原は長年培ってきた実績と技術で、従来のフレッシャー3100型シリーズに、省スペースに特化した「フレッシャー3100NEO BN-MG型」を拡充しました。さまざまな用途とシーンに「最適“快”」を届ける荏原標準ポンプの技術ブランド「eDYNAMIQ」※1のコンセプトに沿った給水ユニットをお届けしてまいります。

2. 製品特長※2
(1)軽量、コンパクト
   PMモータとインバータの一体化技術により、従来品より設置面積を32%削減、質量を44kg削減。
(2)フレキシブルなレイアウト
   設置状況に合わせた吐出し口方向の選択が可能。制御盤の設置方向や、別置き、壁掛けなどの自由なレイアウトが可能。

(3)スマート運転管理
   専用アプリにより、スマホを操作パネルにタッチするだけで給水ユニットの運転状態を確認。

(4)省エネルギー運転
   高効率モータとEモード運転※3により、年間消費電力量を19%削減。

3. 今後の展開
 荏原はこれからも競争し挑戦するマインドで、建築設備や工場設備市場等に向けて次々と「最適“快”」をお届けしてまいります。

4.参考資料

【本製品問い合わせ窓口】
標準ポンプ事業部 国内営業推進部 営業推進課
Mail: affiliated_0400h@ebara.com
Tel:  050-3416-3118

※1 「eDYNAMiQ」:「Eco, Dynamic and Integrated Quality」の略であり、標準ポンプ技術の特徴を組み合わせた造語
「最適“快”」:最適解と快適を掛け合わせた造語
※2 値は従来品との比較
※3 Eモード運転 運転状態を監視しながら最適制御する省エネ運転

 荏原グループは、中期経営計画とESG重要課題に取り組むことで、経営方針に基づいて企業価値のさらなる向上を図り、持続可能な開発目標(SDGs)の達成を目指します。

飲料水への普遍的且つ公正なアクセスを達成する。