ニュース & メディア

国土交通省関東地方整備局 鬼怒川ダム統合管理事務所長より「建設業担い手確保・育成貢献工事表彰」を初受賞

2020年8月4日

2019年 現場見学会:ポンプ模型によるレクチャー

 荏原製作所(以下:荏原)は、国土交通省関東地方整備局鬼怒川ダム統合管理事務所長より「H30 連携施設ポンプ設備修繕工事」にて、「建設業担い手確保・育成貢献工事表彰」を初めて受賞しました。

1. 背景・概要
 荏原は上下水道や灌がい※1を始めとする水インフラにおいて、ポンプや送風機などの設備の提案、設計、調達、機械設備工事、アフターサービスの総合エンジニアリングにより、それぞれの課題を解決しています。
 荏原が完工させた「H30 連携施設ポンプ設備修繕工事」※2が行われた施設は、国内に一カ所しかない2つのダムの水量を調整する珍しい施設です。平時はダム下流にある田畑や都市に安定的に水を供給し、洪水・渇水時は流量管理により町を守っています。荏原は2017年から近隣の小学生を対象に、現場見学会を開催しています。本見学会は自分たちが暮らす地域にあるダム関連施設や、そこで働く人たちへの理解を深めてもらうこと、そして、普段目に触れることのない大型ポンプなどの設備を直接見ていただき荏原の事業を通じた社会への貢献をお伝えすることを目的としています。
本表彰はこのような建設業の担い手の確保・育成に繋がる取り組みと、優秀な工事成績をおさめた点が評価されたものです。※3

2. 今後の展開
 荏原が掲げる長期ビジョン「E-Vision2030」では、「地球にやさしい社会、安全・安心に過ごせる社会インフラ、水や食べるものに困らない世界」を支え、「持続可能な社会づくりへの貢献」を目指しています。荏原の社会システム事業では排水能力を向上させたポンプの開発や、メンテナンスが容易な設備やサービスの提供を通じて、今後も社会インフラの強靭化を支えてまいります。

荏原グループは、長期ビジョンと中期経営計画に基づいて ESG重要課題に取り組むことで、 持続可能な開発目標(SDGs)の達成を目指し、企業価値のさらなる向上を図っていきます。

1:ダムや河川、湖などから水を引き、農産物を育てるために田や畑へ人工的に給水をしたり排水をしたりすること。
2:荏原は、国交省が掲げる「建設産業の担い手確保・育成推進」に賛同しています。
3:関連リリース:荏原製作所 鬼怒川上流ダム連携施設見学会を開催 (2019年)
         国土交通省関東地方整備局鬼怒川ダム統合管理事務所 令和元年度優良工事等の事務所長表彰について