テクノロジー&サービス

最先端テクノロジー&サービス

エバラ時報 No.209

企業中央研究所終焉といわれた時代の負の遺産を清算する

内部循環流動床ガス化炉によるバイオマスガス化発電

 従来のガス化技術(部分燃焼技術)との差別化を期待できる次世代ガス化技術として,内部循環流動床ガス化炉(ICFG)技術を開発中である。当社の袖ヶ浦技術開発試験所に建設したICFG試験設備において,2003年から延べ2000時間以上の実証試験を行ってきた。本稿は,ICFGの基本コンセプト及び木質系バイオマスを原料とした実証試験に関して述べたものである。これまでの試験により,炭化水素を中心とした比較的高発熱量の生成ガスを得ることができることを確認し,その生成ガスをガスエンジン及びマイクロガスタービンに供給することで,定格出力にて安定運転が可能であることを実証した。

シロキサン除去装置置

 下水処理場のバイオガス中には生活排水に起因するシロキサンが含まれている。このシロキサンはバイオガス発電設備等に悪影響を与えるため,TSA方式のシロキサン除去装置を設計製作した。本装置により,3000時間以上にわたりシロキサンを効率的に除去できることが確認できた。本方式によれば吸着剤の交換が不要で小型の吸着塔により効率的にシロキサンを連続除去できる。

家庭用燃料電池コジェネレーションシステム

 当社の固体高分子形燃料電池を用いた1kW級家庭用燃料電池コジェネレーションシステムは,東京ガス(株)が2005年2月から限定市場導入を開始し,第1号機は4月に新首相公邸に導入された。燃料電池システムは,省エネルギー性が高く,かつCO2排出抑制効果の大きいエネルギーシステムとして一般家庭への普及が期待されており,2008年度からの本格的な普及を目標に開発を進めている。

EHM型横形多段ポンプ

 金型温調器,純水製造装置,洗浄装置などのセット機器に組み込まれて使用される比較的小水量かつ高揚程の性能を満足するポンプとして,EHM型横形多段ポンプを開発した。本製品は,セット機器で要求される軽量・コンパクト性,静粛性,信頼性を追及した製品である。また,ポンプの接液部の材料は,液質によりFC/SUS304仕様とSCS/SUS316仕様が選定できるようになっている。本稿では,先行発売を予定している製品範囲における製品概要及び特長について紹介する。

フレッシャー3100型自動給水ユニットのモデルチェンジ

 ビルやマンション向けのインバータ自動給水ユニット(F3100型)のモデルチェンジを行った。従来品の標準機種では対応が困難であった受水槽水位検知機能や軽故障による故障診断の充実を図ることで,ユーザの利便性を高めている。また高温仕様への対応など仕様範囲拡充も図っている。水質への対応としては,水道法の「給水装置の浸出性能試験」に適合し,飲料水としての安全性を確保している。

水平軸大型風力発電装

 当社は,ドイツの風車メーカであるフライデラーウインドエナジー社(現在はファーランダー・フライデラー社)との間で,日本国内の独占権を含むアジア地域での風力発電装置の製造,販売,アフターサービスを行う合弁会社荏原フライデラーウインドパワー(株)を設立することに合意し,2003年2月に調印した。荏原フライデラーは2003年4月から営業を開始し,日本及びアジアにおいて今後10年間で合計70万kWの風力発電装置の販売を目指している。同社製としては国内第1号機となる1500kW風力発電装置をコスモ石油(株)から受注し,山形県酒田市において2004年11月に引き渡した。ここでは,その風力発電装置の概要と特長について紹介する。