テクノロジー&サービス

最先端テクノロジー&サービス

エバラ時報 No.229

ごみ焼却の安全性とリスクコミュニケーション

無加温条件下における生活排水のUASB処理

 低濃度有機性排水のメタン発酵処理技術の確立を目的に,生活排水を対象とした無加温下でのUASBパイロットプラント実験(処理量:50m3/d,有効容量20.2m3,有効水深5m)を行った。実験では原水として流入下水,種汚泥として下水の中温消化汚泥をそれぞれ使用した。実験経過後397~631日目期間の平均値で,水温23.8℃,CODCr容積負荷0.99kg-CODCr/(m3・d),CODCr汚泥負荷0.12kg-CODCr/(kg-MLVSS・d)において,バイオガス発生量2.4m3/d,メタンガス組成70.5%,CODCr除去率63.8%の安定したUASB処理結果が得られた。

コントローラ一体型PMモータ搭載インラインポンプSSLD型

 コントローラ一体型の永久磁石形同期電動機(PermanentMagnetSynchronousMotor:PMmotor)を搭載したインラインポンプ(In-linepump)SSLD型を開発した。回転速度の最適化と流れ解析によるポンプ効率の向上,高効率な永久磁石形同期電動機の採用,ポンプコントローラ(Pumpcontroller)による用途に合わせた各種の回転速度制御機能により当社従来同等機種と比較し,最大50%以上の消費電力削減を実現した。

刈谷知立環境組合向け次世代ストーカ炉の建設・納入

 当社次世代ストーカ技術を組み込んだ2件目の施設を納入した。本施設は周囲の環境・景観と調和した,地域にやさしいごみ処理施設として運営されている。
 本施設は排ガスの高度処理だけでなく,焼却灰や飛灰を溶融処理し再利用するためのスラグを製造する施設である。また,ごみ焼却廃熱から得たエネルギーで発電し,灰溶融炉を含む場内使用だけでなく,隣接する施設の使用電力も年間を通じ賄っている。さらにプラント排水を場外に排出しないクローズドシステムを採用している。また,既設管理棟の再利用や工場棟の壁面を緑化し景観に配慮するなど,設備性能面だけでなく環境,地域との調和に配慮した施設である。

流動床式ガス化溶融炉 —エコトピア池原—

 倉浜衛生施設組合向けに,流動床式ガス化溶融炉「エコトピア池原」を納入した。2009年10月より試運転を開始,性能試験を経て2010年3月に竣工・引渡しを終え,現在順調に運転を継続している。性能試験では,加熱脱塩素化処理無しで灰中ダイオキシン類含有量の厳しい自主基準値をクリアした。また,本施設のスラグは道路用とコンクリート用の二つのJIS規格も満足している。更に発電の安定性を確認する蒸発量制御試験でも良好な結果を得ることができた。

嫌気性生物処理技術の特徴と発展の流れ

 嫌気性生物処理は,酸素のない嫌気環境下で生育する嫌気性菌の代謝作用により,有機物をメタンガスや炭酸ガスに分解する方法である。この処理法は,19世紀末から20世紀初頭にヨーロッパで始まり,1950年代には加温や機械式かくはんなどの処理方式が開発され,国内でも下水汚泥やし尿処理での汚泥減量化・安定化を目的とした嫌気性消化法が普及した。1980年代になると微生物固定化方式による高負荷型嫌気性処理法が開発され,産業排水処理分野を中心に普及した。そして現在,低炭素社会に向けた未利用資源の活用技術として,生ごみや食品加工残渣,汚泥などの廃棄物系バイオマス向け嫌気性処理法が大きく脚光を浴びている。