テクノロジー&サービス

最先端テクノロジー&サービス

エバラ時報 No.232

企業出身大学人の生態

熱源システムエンジニアリングツール「Ene-Move」の開発

 熱源システムの,エンジニアリングツール「Ene-Move(エネムーブ)」を開発した。このツールは,

1 . 現場の熱源システムの運用を机上で再現し,環境負荷とランニングコストを算出する「実践型熱源運用シミュレーション」
2 . 現場の運転データを無線により採取する「現場データ収集装置」
3 . 熱源システムのイニシャルコストを自動で算出する「熱源システム見積ソフト」
4 . 検討された最適熱源システムを提案書として作成する「提案書ソフト」

で構成される。本ツールを活用することで,熱源システムの提案を大幅に強化できる。

「楽々点検ポンプ」を用いた排水機場~瓜田川排水機場~

 瓜田川排水機場の新設工事が行われ,核となるポンプ設備に関わる機械設備,電気制御設備を請け負い,機器製作と機器据付工事を行った。
 本工事では,ポンプの点検・整備が容易な新形立軸ポンプ(楽々点検ポンプ)を採用し,ポンプ本体の維持管理費用を大幅に低減することを可能にしている。また,ポンプの水中軸受に特殊樹脂を用い無水管理運転を可能とした。吐出し樋管ゲートには,オーバーリンクゲート(門柱レスゲート)を採用してコスト削減,景観性向上を図っている。今回,当社の技術提案とその取組み及び工事工程の短縮が評価され,九州地方整備局長表彰を受賞した。

柏市北部クリーンセンターにおける長期責任委託事業

 清掃工場の運営に民間活力を導入する例が増加しつつある。荏原環境プラント(株)が納入した柏市北部クリーンセンターは自治体が長年運営してきた施設であるが,2008年度より長期責任委託事業として荏原環境プラント(株)が事業を開始した。本事業は14年間の契約であり,契約に従い,2008年度から3年間かけて段階的に業務の引継ぎを行ってきた。2008年時点で焼却施設は供用開始後17年,洗車排水処理施設は28年,粗大ごみ処理施設は31年経過しており,大規模修繕を実施し,設備の延命化を図りながら運営している。さらに,電力やユーティリティ使用量の低減や人材の効率的活用により事業運営の改善を進めている。