テクノロジー&サービス

最先端テクノロジー&サービス

エバラ時報 No.233

社会技術という新しい分野

半導体工場における集中監視システム

 半導体工場などで使用されるドライ真空ポンプ及び排ガス処理装置を対象とする新型集中監視システムを開発した。本システムは,通信アダプタ,データ収集PC及びサーバからなる。最大1200台の機器を通信で接続し,全監視機器に対して1秒ごとにデータ収集を行う。収集したデータはデータベースに格納する。ユーザはPCからインターネットブラウザを使用してシステムにログインし,現在状態表示,蓄積したデータを用いたトレンド表示,機器履歴表示,電子メールを使用した異常発生通知などの機能により,各機器を遠隔監視することができる。

大阪市中浜下水処理場 ポンプ棟雨水ポンプ機械設備工事

 大阪市は浸水対策として中浜下水処理場に雨水ポンプ設備を建設した。雨水ポンプは口径1800mm立軸渦巻き斜流ポンプで地下34mの位置に設置されている。急激な流入に対応すべく,低速回転による待機運転と全速による排水運転を可能とした。回転速度制御範囲が広いので電動機,歯車減速機を含めた振動解析を行い,共振を回避した設計を行った。電動機の電源としてガスタービン発電機を採用し防音パッケージとあわせて低騒音化を実現し,更にガスタービンエンジン燃焼器に純水噴霧を行い,窒素酸化物発生量を抑制して環境対策を実施した。

大規模工場空調用に納入した高効率新型吸収冷凍機

 タイ国バンコク郊外の某工場に新型蒸気吸収冷凍機の冷熱源設備1式を納入した。2006年11月に蒸気吸収冷凍機(RAW型※3516kW)×3台の冷熱源設備納入に続くものである。今回機種は顧客増設対応により,高効率新型蒸気吸収冷凍機RGWA型※4571kWを設備一式納入した。
 今回設備の特長は吸収冷凍機としては,省エネルギー性が良く高効率タイプである。省エネルギー性の指標となる成績係数(COP)は吸収冷凍機としては高く,単体COP1.38になる。今後,地球環境への負荷を考慮したノンフロンタイプとして需要が増える可能性がある。

RAW型,RGWA型は荏原冷熱システム㈱の機種記号である

HPCC21型ストーカ式焼却技術と今後の展望

 一般廃棄物処理を取り巻く状況はこの20年間で大きく変化してきた。同時に,それに求められ技術も変化し,エネルギー有効利用,ダイオキシン類の低減,最終処分量の低減や溶融技術,リサイクル技術等多岐にわたっている。また,それらに対する施策により,処理する廃棄物性状や社会が求めるプロセスも同様に変化してきた。荏原環境プラント(株)は,長い経験と独自開発技術を活かし,柔軟かつ安全な処理技術としてHPCC21(High Pressure Combustion Control 21)型ストーカを開発し,安定稼働を行い,前述の多様化したニーズに貢献してきた。