荏原製作所

MENU CLOSE
ebara ebara
ebara ebara

早稲田大を卒業するにあたって、バスケットボールを辞めることも考えていた本橋菜子は、
東京羽田ヴィッキーズから誘われたことで「バスケが好きだ」という気持ちを取り戻す。
地域密着のプロクラブで自身の成長にフォーカスした本橋は、日本代表のポイントガードに
定着し、2019年のアジアカップ大会MVPになるに至った。

ebara ebara

ヴィッキーズ加入を振り返って ヴィッキーズ加入を振り返って

大学を卒業する時に声を掛けてくれたのはヴィッキーズだけでした。ケガもあってバスケを辞めることも考えていたのですが、声を掛けていただいたことで自分とあらためて向き合い、「バスケが好きだ」、「続けられるなら続けたい」と強く思うようになりました。この世界でバスケをやれる選手はほんの一握りだし、限られた期間になりますが、その中で自分が成長したいという思いで決断しました。
ebara ebara

ヴィッキーズで自分はどう成長できたか ヴィッキーズで自分はどう成長できたか

バスケットがすごく楽しい、今が一番そう感じています。学生時代は勝たなきゃいけないプレッシャーばかりで、自分の中で結構もがいていました。もがいている部分は今もありますが、単純にバスケットが楽しいと感じています。

また、バスケットに対する向き合い方も変わりました。チームが勝つためにどうしなきゃいけないのか、自分の成長のために何をすべきか。プレッシャーを感じるのではなく、プロだからそこを一番に考えられるようになりました。
ebara ebara
ebara ebara

ヴィッキーズは他のチームとどこが違う? ヴィッキーズは他のチームとどこが違う?

本当の意味で地域密着のクラブチームで、そこは他の企業チームに比べて大きく違うところです。ファンを獲得するために自分たちが動き、自分たちでチラシ配りだとかゴミ拾いなどいろいろなイベントに参加して、そのことに対して地元の人が後押ししてくださる。その一体感は企業チームにはないものだと感じます。私はヴィッキーズに入る時点でそれが気に入っていました。

朝から晩までバスケットをする環境も必要かもしれませんが、それとは別に地域と触れ合って社会にかかわっています。また午前中は仕事をしているメンバーもいます。それはバスケットとは別に自分の人生の強みになりますし、周りとかかわることで自分たちはバスケをできているんだと理解できます。それを知ることは私にとってすごく大事で、本当にヴィッキーズで良かったと思います。
ebara ebara

バスケットボール選手としての目標 バスケットボール選手としての目標

チームはWリーグでのベスト4という目標を掲げています。私個人としては、練習一つからベスト4に相応しい行動をしているかを意識しています。チームでも練習の細かい部分を徹底できるようにしていきたいです。ヴィッキーズに入って1年目とか2年目には甘い部分があり、それが分かっていたけど言えなかったことで後悔しました。それは絶対に繰り返したくないです。

また、日本代表の合宿に参加したことで細かい部分の徹底度がチームの強さに繋がるんだと実感しました。その経験をチームに還元するために、気が付いたことは積極的に言って、チームを変えていけるように声を出しています。

取材・文=鈴木健一郎(バスケット・カウント)
写真=野口岳彦

ebara ebara
ページTOPへ