扇面月兎画賛 本阿弥光悦筆

(せんめんげっとがさん ほんあみこうえつ)

年 代:江戸時代
材質・技法:紙本著色・墨書
サイズ(cm):縦17.5 横54.6

伝世品が少ないとされる光悦絵画の一つで、扇面の右半分近くを占める金箔を月に見立て、それを見上げる白兎を描く。月の中には、『新古今和歌集』巻第12の藤原秀能の恋歌が散らし書きされる。画面左下には「光悦」の黒文方印が捺される。本阿弥光悦(1558~1638)は、桃山から江戸初期に活躍した人物で、書画・漆芸・陶芸とあらゆる分野に通じた総合芸術家。刀剣の鑑定・浄拭・研磨を家職とした京の上層町衆本阿弥家の分家に生まれた。