赤楽茶碗 銘 早船 楽長次郎作

(あからくちゃわん はやふね らくちょうじろう)

年 代:桃山時代
材質・技法:陶器
サイズ(cm):高8.0 口径11.3 高台径4.7

初代長次郎の赤楽茶碗である。「長次郎七種」に数えられる赤楽茶碗では、これが現存する唯一である。この茶碗は薄作りで、口縁はやや内に抱え込み、胴はまっすぐで、腰のあたりは丸みを帯び、小さな高台が付いている。口縁から腰廻りまで長い貫入があり、黒漆の繕いを施している。胴から高台に向かって、山形に青鼠色の釉が流れて独特の景色をなしている。「早船」の銘は、利休が茶会のために高麗から早船で取り寄せたと語ったことに由来する。