重要文化財

志野水指 銘 古岸

(しのみずさし こがん)

年 代:桃山時代
材質・技法:陶器
サイズ(cm):高17.5 口径18.3~19.2 底径17.4~19.0

桃山時代の志野水指の中でも、器形・釉調・絵文様などすべてにおいて、最も優れた作行きを示すもの。肩と胴下部に段をつけて箆で整えており、力強く堂々とした姿の水指である。腰のゆったりとしたふくらみに対して頸のしばりは強く、これが外側に開き気味の厚い口縁と矢筈口を強調している。どっぷりと掛かった志野釉が、よく溶けて貫入を生じており、口縁と裾には赤い火色が現れている。胴の周囲には鉄釉で葦と檜垣文が下絵付けされており、まるで水墨画のようなその風情が、冬枯れた岸辺を思わせることから「古岸」の銘が与えられたのであろう。