国宝

蝶螺鈿蒔絵手箱

(ちょうらでんまきえてばこ)

年 代:鎌倉時代
材質・技法:漆器
サイズ(cm):縦26.4 横35.1 高21.2

全面が黒漆の平目地に写実的な牡丹唐草と蝶文を実に巧みに隙間なく布置したもの。幻想的でありながら理知的な構成で、きわめて華やかな装飾美となり、見る者を圧倒させる。甲盛り、錫置口を巡らした合口造りで、蓋に比べて身の丈が高く、胴張りの強いどっしりとした量感に溢れる。蝶形の金銅紐金具を付けている。「雲州蔵帳」に記載され、内箱表に松平不昧の筆で「時代手箱」の墨書がある。鎌倉時代最盛期を代表する優品。