展覧会情報

  • 開催中の展覧会
  • 次回の展覧会
  • 展覧会スケジュール
  • これまでの展覧会
終了いたしました

千少庵没後400年記念 利休とその系譜

平成26年1月18日()~3月16日(

2014年は、茶の湯を大成した千利休を祖とする千家二代少庵(1546~1614)の没後400年にあたります。この節目の年を記念して、茶聖・千利休と少庵にスポットをあてた展覧会を開催いたします。利休ゆかりの品をはじめ、利休の子息少庵と道安、そして、千家三代の宗旦ゆかりの書画と茶道具のほか、利休の系譜に連なる千家(表千家・裏千家・武者小路千家)の茶匠ゆかりの品々が一堂に並びます。この機会に、現代につながる利休の茶と利休が求めた美のかたちを、その遺風とともにご覧ください。本展が、世界に誇る茶の湯文化の魅力と奥深さにふれる契機となれば幸いです。なお、今年も会期後半の2月15日(土)から3月16日(日)の間に愛らしい「次郎左衛門雛」を特別展示いたします。
※会期中、展示替えを行います。

展覧会チラシ

 

休館日

毎週月曜日、2月14日(金)

開館時間

午前10時~午後4時半(入館は午後4時まで)

入館料

一般 500円(400円) 学生 350円(300円) 
()は20名以上の団体料金 ※中学生以下無料(ただし保護者の同伴が必要です)

お抹茶

400円(干菓子付き)
午前10時より午後4時まで展示室にて随時

関連イベント
 

※先着100席、当日受付にて整理券を配布

「利休とその遺風―竹芸作家の視点から」池田瓢阿氏(竹芸作家)

1月26日()午後2時~午後3時半

※先着100席、当日受付にて整理券を配布

「利休を語る」筒井紘一氏(茶道資料館副館長)

2月9日()午後2時~午後3時半 当館講堂にて

展示品について学芸員が解説します(約60分)。事前申込不要

午後2時より 1月18日( / 2月1日( / 2月15日( / 3月8日(
午前10時半
より
1月23日(木) / 2月13日(木) / 2月27日(木)    

主要作品を学芸員が解説します(約20分)。事前申込不要

午後3時より 1月19日() / 2月2日() / 2月16日() / 3月9日()
午前11時より 1月29日(水) / 2月12日(水) / 2月19日(水) / 3月12日(水)
その他
「お茶室でお抹茶体験!」【定員に達しました】
2月16日()①10:30 ②11:30 ③13:30

詳しくはこちら

その他
特別鑑賞会「利休の美にふれる」【定員に達しました】
2月23日()10:30~

詳しくはこちら

展示作品紹介
  • 千利休筆
    消息(大ぬる山の文)
    (2/15~3/16)

  • 瓢箪達磨図自画賛
    千宗旦筆
    (1/18~2/13)

  • 千家名物
    井戸茶碗
    銘 江岑

  • 黒楽茶碗
    銘 曙
    楽一入作

  • 信楽共蓋水指 
    利休所持

  • 竹一重切花入 
    千道安作

  • 共筒茶杓 
    千少庵作

  • 黒小棗 
    千少庵判・宗旦判