展覧会情報

  • 開催中の展覧会
  • 次回の展覧会
  • 展覧会スケジュール
  • これまでの展覧会
冬季展

茶懐石のうつわ 併設 季節の書画

平成30年1月20日()~3月18日(

※会期中、展示替えを行います。

茶懐石は正式なお茶のもてなし(茶事)で出される食事のこと。そのうつわは懐石道具と称され、食器を置く膳や盆、食べ物を盛る椀・向付や酒器などがあります。古くは漆器が中心でしたが、江戸時代以降、陶磁器も用いられるようになり、料理を引き立てる役目を担うとともに、うつわそのものも賞玩の対象となってゆきました。個々の美しさもさることながら、取り合わせることで、場をいっそう華やかにする「もてなしのうつわ」の魅力をお楽しみください。

 

 

 

茶懐石のうつわ 併設 季節の書画

展覧会チラシ


休館日

毎週月曜日、(ただし2月12日(月・振休)は開館し、2月13日(火)は休館)、
2月16日(金)

開館時間

午前10時~午後4時半(入館は午後4時まで)

入館料

一般700円(600円) 大学生・高校生500円(400円)
( )内は20名以上の団体料金
※中学生以下無料(ただし、保護者の同伴が必要です)
※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は100円引です

お抹茶

500円(干菓子付き)
午前10時より午後4時まで展示室にて随時

 

関連イベント

(展示品について学芸員が解説します。約60分)事前申込不要

1月20日()、2月3日()、2月17日()、3月3日() 午後2時より
1月25日(木)、2月8日(木)、2月22日(木)、3月8日(木) 午前10時半より

(主要作品を学芸員が解説します。約20分)事前申込不要

1月21日()、1月28日()、2月18日()、2月25日() 午後3時より
1月31日(水)、2月14日(水)、2月28日(水)、3月14日(水) 午前11時より
「茶室見学会」

かつて当館の創設者の畠山即翁は、正式なお茶のおもてなし(茶事)を苑内の茶室で催していました。今回は、特別に普段非公開の「明月軒」「翠庵」「新座敷」の見学会を実施します。茶室や茶庭を40分間歩きながら、学芸員が歴史とともに茶室にまつわるお話を紹介いたします。お気軽にご参加ください。
※茶室は冷え込みますので防寒対策をしてご参加ください。

日時:①2月10日()午前10時30分~11時40分
        ②2月24日()午前10時30分~11時40分 
会場:当館講堂・茶室 定員:各回15名 
参加費:500円 ※入館料が別途かかります。 
申込方法:往復はがきの「往信用裏面」に希望日時の番号・郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・年齢・電話番号・友の会会員様は会員番号を、「返信用表面」に郵便番号・住所・氏名を明記のうえ、下記の宛先までお送りください(はがき1枚につき1名でお願いします)。
※お申し込みの際は郵便料金の改定にお気を付けください。
申込先:〒108-0071東京都港区白金台2-20-12 畠山記念館「茶室見学会」係

申込締切:平成30年1月21日()(必着)※応募者多数の場合は抽選となります。
展示作品紹介
  • 明月形懐石皆具 渡辺喜三郎作 大正~昭和時代(2/17~3/18)

  • 水玉透鉢 野々村仁清作
    江戸時代(1/20~2/15)

  • 雪中竹林図 久隅守景筆
    江戸時代(1/20~2/15)

  • 四季花木図屏風 酒井抱一筆
    江戸時代(2/17~3/18)

  • 色絵梅鶯文八角鉢
    江戸時代

  • 鼠志野蓮文平鉢
    桃山時代

  • 絵替り蒔絵煮物椀 守屋松亭作 昭和時代(2/17~3/18)

  •