展覧会情報

  • 開催中の展覧会
  • 次回の展覧会
  • 展覧会スケジュール
  • これまでの展覧会
秋季展

原三溪―茶と美術へのまなざし

平成30年10月6日()~12月16日(

明治・大正そして戦前の日本美術コレクターであり、茶の湯も愛好した横浜の実業家・原三溪(1868~1939)。本年が生誕150年を迎えることを記念して、20年ぶりに当館が所蔵する原三溪旧蔵の書画と工芸品約50点を一挙公開いたします。国宝「禅機図断簡 印陀羅筆 楚石梵琦賛」をはじめ重要文化財6件、重要美術品6件を含む三溪コレクションを通して三溪のまなざしに迫ります。ご期待ください。
なお、貴重な作品を多く出品することから、前後期と、一部は3期に分けて展示替えを行いますのでご了承ください。

 

展覧会チラシ

開館時間

午前10時~午後4時半(入館は4時まで)

休館日

毎週月曜日
(ただし、10月8日(月・祝)は開館し、10月9日(火)は休館)、11月9日(金)

入館料

一般700円(600円)
大学生・高校生500円(400円)
( )は20名以上の団体料金
※中学生以下無料(ただし保護者の同伴が必要です)
※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は100円引です

お抹茶

500円(干菓子付き)
午前10時より午後4時まで展示室にて随時

 

関連イベント

(展示品について学芸員が解説します。約60分)事前申込不要

10月6日()、10月20日()、11月10日()、12月1日() 午後2時より 
10月11日(木)、10月25日(木)、11月15日(木) 、11月29日(木) 午前10時半より

(主要作品を学芸員が解説します。約20分)事前申込不要

10月7日()、10月21日()、11月11日()、11月25日()午後3時より
10月10日(水)、11月7日(水)、11月14日(水)、11月28日(水) 午前11時より

トークイベント
「三溪のまなざしに迫る―三溪旧蔵の古美術品から」
講師:清水緑氏(渋谷区松濤美術館学芸員・元三溪園学芸員)/水田至摩子(当館学芸課長)
日時:11月23日(金・祝) 午後2時~3時半
会場:当館講堂 定員:100名 聴講無料(別途入館料が必要)
申込方法:往復はがきの「往信用裏面」に郵便番号・住所・氏名(ふりがな)電話番号・友の会会員様は会員番号を、「返信用表面」に郵便番号・住所・氏名を明記のうえ、下記の宛先までお送りください(はがき1枚につき1名でお願いします)。
〒108-0071 東京都港区白金台2-20-12 畠山記念館「イベント」係
申込締切:平成30年11月2日(金)[消印有効] ※応募者多数の場合は抽選となります。

展示作品紹介
  • 禅機図断簡 因陀羅筆 楚石梵琦賛
    元時代(10/30 ~11/25)


  • 赤楽茶碗 銘 李白 本阿弥光悦作
    江戸時代

  • 清滝権現像
    鎌倉時代(10/6 ~10/28)


  • 古瀬戸肩衝茶入 銘 畠山
    室町時代

  • 布袋図 尾形光琳筆
    江戸時代(10/6 ~11/8)