展覧会情報

  • 開催中の展覧会
  • 次回の展覧会
  • 展覧会スケジュール
  • これまでの展覧会
夏季展終了いたしました

涼を愉しむ-畠山即翁の朝茶の会 併設:狩野派の絵画と江戸の工芸

平成30年8月4日()~9月17日(月・祝

茶の湯の世界では、夏の早朝、暑くなる前に行われる朝茶とよばれる茶会があります。朝の涼気のなか始まる朝茶の会では、通常よりも簡素化した内容で茶人たちは涼に心を配りながら茶の湯を楽しみました。本展では、畠山即翁(1881~1971)が昭和13年(1938)に上野不忍池弁天堂で催した「朝茶の会」に用いた道具を取り合せて展示し、涼やかな趣向をお愉しみいただきます。併せて狩野派の絵画と江戸の工芸を展示いたします。

 

 

 

涼を愉しむ-畠山即翁の朝茶の会 併設:狩野派の絵画と江戸の工芸

展覧会チラシ


休館日

毎週月曜日(ただし9月17日(月・祝)は開館)

開館時間

午前10時~午後5時(入館は午後4時半まで)

入館料

一般700円(600円)
大学生・高校生500円(400円)
※中学生以下無料(ただし保護者の同伴が必要です)
(   )内は20名以上の団体料金
※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は100円引です

お抹茶

500円(干菓子付き)
午前10時より午後4時半まで展示室にて随時

 

関連イベント

(展示品について学芸員が解説します。約60分)事前申込不要

8月4日()、8月18日()、8月25日()、9月8日() 午後2時より 
8月9日(木)、8月23日(木)、8月30日(木) 午前10時半より

(主要作品を学芸員が解説します。約20分)事前申込不要

8月5日()、8月12日()、9月2日()午後3時より
8月15日(水)、8月29日(水)、9月12日(水)午前11時より

展覧会関連企画
「特製和菓子で涼を味わう!」
茶の湯の盛んな金沢の夏の名菓といえば蓮羊羹(ようかん)。昭和13年の「朝茶の会」では、畠山即翁は故郷金沢から蓮羊羹を取り寄せています。この度、金沢・吉はし製の蓮羊羹をお日にち限定で用意いたします。「吉はし」といえば、知る人ぞ知る茶席用和菓子の名店です。当時を偲びながら一服の涼を味わっていただければ幸いです。
※8/4()、8/5()、8/11(土・祝)、8/12()、8/18()、8/19()、8/25()、8/26()の午後12時より、なくなり次第終了となります。(料金:抹茶付き・800円)
※ご希望の方には午前10時よりお茶券を販売いたします。

展示作品紹介
  • 錠花入 野々村仁清作 
    江戸時代

  • 滝図 狩野常信筆 
    江戸時代

  • 高取透鉢
    桃山時代

  • 古九谷色絵牡丹文中皿 
    江戸時代