展覧会情報

  • 開催中の展覧会
  • 次回の展覧会
  • 展覧会スケジュール
  • これまでの展覧会
冬季展終了いたしました


平成31年1月19日()~3月17日(

琳派の祖とされる本阿弥光悦(1558~1637)と、光悦の100年後に生まれた尾形光琳(1658~1716)。マルチな才能を発揮した二人はアートディレクターの一面も持ち合わせていました。今回は、そんな二人の近似性に着目しつつ独自の美の世界をご覧いただきます。さらに光悦と刺激的な協同制作を行った俵屋宗達(生没年不詳)と光琳の弟・尾形乾山(1663~1743)の絵画や工芸品も厳選してご紹介いたします。時を超えて人々を魅了する琳派の美のかたちをご堪能ください。

 

 

 

 

 

光悦と光琳―琳派の美

展覧会チラシ


開館時間

午前10時~午後4時半(入館は4時まで)

休館日

毎週月曜日(ただし、2月11日(月・祝)は開館し、2月12日(火)は休館)、
2月15日(金)

入館料

一般700円(600円) 大学生・高校生500円(400円)
( )内は20名以上の団体料金
※中学生以下無料(ただし、保護者の同伴が必要です)
※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は100円引です

お抹茶

500円(干菓子付き)
午前10時より午後4時まで展示室にて随時

関連イベント

(展示品について学芸員が解説します。約60分)事前申込不要

1月19日()、2月2日()、2月16日()、3月2日() 午後2時より 
1月24日(木)、2月7日(木)、2月21日(木) 、3月7日(木) 午前10時半より

(主要作品を学芸員が解説します。約20分)事前申込不要

1月20日()、2月3日()、2月17日()、3月3日()午後3時より
1月30日(水)、2月13日(水)、2月27日(水)、3月6日(水) 午前11時より

茶室「沙那庵」「翠庵」「明月軒」特別公開
当館の創設者・畠山即翁は、昭和34年の茶会で光悦と光琳の作品を取り合わせています。その会場となった「沙那庵」「翠庵」「明月軒」(通常非公開)を特別に公開いたします。なお、「翠庵」「明月軒」は外からの見学になります。
日時:1月27日()、2月9日()、2月24日(
各日午前10時半~15時半まで(当日は美術館受付にて整理券を配布いたします)
見学無料(別途入館料が必要)

展示作品紹介

  • 紅葵花蒔絵硯箱 尾形光琳作
    江戸時代
    (2/16~3/17)

  • 赤楽茶碗 銘 雪峯
    本阿弥光悦作 江戸時代

  • 金銀泥四季草花下絵古今集和歌巻 本阿弥光悦書 俵屋宗達下絵 江戸時代(全3期で巻き替え)


  • 扇面月兎画賛 本阿弥光悦筆 
    江戸時代
    (1/19~2/14)


  • 蓮池水禽図 俵屋宗達筆 
    江戸時代
    (1/19~2/14)

  • 躑躅図 尾形光琳筆 
    江戸時代
    (2/16~3/17)


  • 八橋図団扇 尾形光琳筆 
    江戸時代
    (1/19~2/14)


  • 色絵絵替り土器皿
    尾形乾山作
    江戸時代