設計にとって最も大切なのは、図面にない現場の声と経験を
徹底して活かしていくこと。

学生時代の専攻がこう活きる

大学四年次の研究テーマは、アモルファス金属であり、卒業研究ではレース用のバイク用チェーンを実験のモデルとしました。実験では実際にチェーンを作成し、疲労破壊試験などを行い、物性評価を行いました。設計業務において、部品の強度計算を行うことがあります。この計算を行う際、大学時代に学んだ材料力学の知識、金属材料の知識が活かされています。また、現地でポンプの不具合が発生した場合、その見解書を作成する際に内容の構成や事象の説明など、大学時代にレポートを作成した経験が役に立っています。

現在の仕事

就職活動時は、インフラ、産業を支える仕事をしたいと考え、高い技術力を持ったものづくりメーカーで仕事をしたいと考えていました。その中で水を扱う企業としてポンプの荏原に興味を持ちました。ポンプはあまり目立たない存在ですが、広い範囲で活躍し、社会や産業を支えている点に魅力を感じたのです。現在私が携わっている仕事は、受注生産ポンプの設計・手配になります。お客様の仕様に合わせ、客先要求に対応できるかを検討しながら承認図を作成します。場合によっては、直接お客様と打ち合わせを行いポンプの仕様を確認します。お客様から承認を得られると、次は図面を作成しポンプの手配を行います。組立の指示、試験の指示、出荷の指示も設計が行います。以上が一つの案件の大まかな流れなのですが、常に複数の案件をこなしているため時間配分が難しく、遅滞なく遂行することが一番の課題となっています。

仕事のやりがい

工場の方々とのコミュニケーションを大切にしています。最初は、工場の方々に名前を覚えてもらうよう積極的に挨拶し、分からないことはできる限り工場へ行きポンプを実際に触って質問するようにしていました。今では、設計ミスが疑われる点は事前に電話で指摘を受けるなど、実際にポンプを製作する人にしか分からないこと、現行品をより良くするアドバイスなど、様々なことを教えていただいています。コミュニケーションを密にとることで工場の方々と一体となってものづくりができていると実感でき、それがやりがいと感じています。

ようやくではありますが設計の仕事にも慣れ、様々な部署の方々と仕事をする機会も増えてきたことで、現状の自分の仕事のやり方の問題点が見えてきました。設計はポンプ製作において司令塔という立場であるため、設計の仕事の精度によって工場全体の業務効率に大きく影響を及ぼします。そこで設計業務改善の一環として、新しい手配システムの作成を行っております。このシステムの導入により、正確性・手配スピードが向上し、引いては工場全体の業務効率改善にも繋がると思っています。

photo photo photo

「荏原らしさ」とは

工場からの意見、要望は直ぐ検討するよう心がけています。図面に載っていないようなノウハウを聞けることはとても大切なことだと思っています。工場の方から「Hなら直ぐ対応してくれるから」と言っていただき様々な意見を聞くことができた時はとても嬉しかったです。より良いものづくりは工場の声と設計的な検討の両方が重要であると思っているので、これからも工場の声を大切にしていきたいと思います。この現場との距離感の近さこそが「荏原らしさ」ではないでしょうか。