時代の要求が日々急速に高まる業界に身を置く事で、成長実感を得る醍醐味。

学生時代の専攻がこう活きる

学生時代の研究内容がCMP(Chemical Mechanical Polisher)の材料除去メカニズムの研究を行っていたこともあり、研究内容、勉強内容は全て今の仕事に活きています。また、元々大学時代プロセスよりの研究をしていましたが、大学の専攻は機械であり、設計などの基礎も学んでいました。それが、今の設計業務をする上で活きています。未だに、大学時代に使用していた教科書などを見ることがあります。

現在の仕事

入社の動機は、私が所属していた大学の研究室が、荏原製作所とCMPについて共同研究をしていたことがきっかけです。研究報告では荏原製作所の方と接したり、大学にはない研究装置を借りるために同社を訪問したりしました。実際に関わってみて、真面目で親しみやすい社の雰囲気を感じられたのが大きな理由の一つです。また、大学時代の研究を活かす上でも荏原製作所に勤めたいと思い、入社を希望しました。

現在は希望通り大学時代の研究が大きく活かせるCMP装置の設計を行っています。CMP装置とは半導体チップの製造工程においてウエハーの表面を平坦化する装置で、多層配線構造を実現する上で欠かせないものです。

CMPはウエハーを研磨する側と洗浄する側とで分けられていますが、私は一昨年まで研磨側の設計、今は洗浄側の設計を行っています。役割として、洗浄側は本体側とモジュール側に分かれていますが、そのモジュール側の設計に携わっています。半導体業界は海外のお客様が大半を占めており、海外出張も頻繁にあるため、とてもグローバルな仕事と言えます。

仕事のやりがい

半導体業界は短納期、高品質が求められます。客先要求通りの納期に応えつつ、高品質な物を設計することは、苦労もしますが、やりがいも感じます。

また、この業界は電子機器の小型化や高性能化が常に望まれており、それらに使われる半導体チップの平坦化も同様に進化しなければなりません。客先の要望は徐々に高まりますが、それに応えるための終わりのない探究がやりがいにつながっています。日々進歩する最先端の業界と一緒に、自分自身も成長できるところが最大の魅力です。

入社して6年目になりますが、まだまだ日々勉強で、先輩方の知識を吸収している段階です。装置の設計といっても、まだ先輩方の手を借りており、「自分が作った」とは言い難い状況ですが、将来は、「自分が作ったもの」と胸を張って言える装置を生み出したいと思っています。

「荏原らしさ」とは

お客様の工場を訪れた際に、何十台も設置されている荏原のCMP装置を見た時は、すごいなと率直に思いました。本当に使って頂いているのだなぁ、と実感が湧きました。関わっていたのはCMP装置の一部ですが、その仕事が産業の発展を支え、暮らしを豊かにすることに繋がり、社会に貢献することになると自覚しました。まさに社会を下支えする「荏原」の存在感を見た思いがしました。

photo photo photo