いつかは荏原の最強製品としてオンリー・ワンと呼べるものを自らの手で形にしたい。

学生時代の専攻がこう活きる

色々な分野の論文を読んだり調査をしたことが、今の業務に役立っています。磁気軸受は、電気、磁気、制御、機械のどれが抜けても成り立たないので、様々な技術を分け隔てなく扱って業務を行います。私にとってはまだまだ高いハードルですが、過去に調べたことがある事象や知っている用語に出会った途端、業務が大きく前進するという事はよくあります。

現在の仕事

私が日々没頭し、追求しているのは磁気軸受応用製品の信頼性向上やコストダウン、納期短縮のための改良改善策のプラン策定です。生産現場や品質管理部門など関連部門、更にはお客様からの問合せにも対応しながら、現行機種に変わって将来主力製品になる新機種の設計や、荏原が持っている技術やノウハウを駆使した全く新しい製品の開発も行っています。

入社の動機は自分が学んできた電気という単なるエネルギーが、最終的に人々の生活に役立つ水圧や流量という形になるところまで関わることができ、その技術と製品が社会を根底で支えているというところに大きな魅力を感じたからです。いま、次代の荏原の主力製品となる開発に関わりながら入社の頃の想いを、さらに強くしています。

仕事のやりがい

想定外のトラブルが発生し、その原因がすぐに分からない時はとても苦労します。機械部品の不良や電気的な不具合など、色々な側面から検討しなければなりません。多くの実証も必要で労力を費やします。

検討と検証を重ね、その原因にたどり着いた時、さらにはその不具合を克服するための提案が関係部署やお客様に受け入れられた時はやりがいを感じます。

そして何より、自分が設計した製品が最初に動いた時の興奮を感じられるのは、メーカーの技術者の醍醐味だと思います。まずは、自分が一から設計を担当した製品を世の中に出すことが目標。これまで関わってきた製品は、ベースがあってそれを改良するとか、システムの一部を設計するという事がほとんどでした。過去に真空ポンプの開発に携わっていた頃に、従来機種には無い新しいコンセプトのポンプを開発・設計したのですが、実用レベルにたどり着けずに悔しい想いをしたので、いつか必ずという想いがあります。そして、いつかは荏原製品の競争力強化に貢献したいと考えています。

「荏原らしさ」とは

入社1年目で、まだ世の中で前例のない製品の開発に携わった際、設計開始から出荷まで半年しかない超過密スケジュールでした。その中で先輩技術者たちは焦らず、省かず、粛々と業務を進め、評価の際に想定外のトラブルが発生した時にはきちんと原因を検討し、懸念材料を一つひとつ潰していく…という姿勢を目の当たりにしました。この時、責任を持って業務を確実に遂行することで、製品に対する自信が湧くという事を体感しました。

photo photo photo