荏原製品の高品質・高信頼性を下支えしている、その自負がこれからの自分を牽引していく力。

学生時代の専攻がこう活きる

大学の研究室では主に半導体の電気物性を学んでいました。研究内容は、発光素子(有機EL)や太陽電池素子(色素増感型)の製作を行い、発光や発電状況の分析・評価を行い、素子の製作条件を見直しながら製作と評価を何度も繰り返すことをやっていました。この経験が、入社後に配属された開発部門では活きました。遅くまで開発・評価試験を繰り返す毎日で、体力的にも楽なものではありませんでしたが、開発・評価を行うことはそういうものだろうという認識があり、仕事自体に対しての苦しさは無くやっていくことができました。

現在の仕事

荏原に入社したのは、半導体の電気物性を学んで来たのと半導体関係の仕事がしたいと考えたからです。職種としては、製品の開発・評価を行う仕事をまずはしてみたいと考え、実際に物を作っている会社に入りたいと考えていました。荏原には、インターシップにて藤沢工場で勉強させてもらった経験もあり、荏原の職場に私が希望する仕事があることを知っていたので入社しました。

現在の職場は生産技術。藤沢での体験が大切であったと思います。主な仕事は、精密の装置生産に必要な帳票を整備することと、生産用の治具を作製し、生産現場に供給することです。帳票は、設計条件、作業方法をまとめた書類です。治具は、装置組立や試験工程で必要な道具のことで、図面作成、業者発注、現場供給までを行っています。どちらも装置の品質維持に欠かせないものです。現在は、帳票の新しいフォーマット作成に取り組んでいます。全社で取り組んでいる生産革新活動において、生産における作業手順の明確化が必要であり、生産技術として帳票の改善を計画しています。

仕事のやりがい

現在の職場で苦労することは、装置生産工程が多岐にわたるため、作業方法や搭載されている機器について幅広い知識を必要とすること、お客様要望による多くの装置仕様変更に対応していく必要があるところで、全てを把握することは難しく、日々新しい知識を勉強して増やしながら対応しています。やりがいを感じることは、新しい治具を作って、生産現場で問題無く使えた時、現場の要望に応えて作業性を改善できた時で、次はもっと良い治具を作ろうという気になります。いま、品質維持に加えて作業性を改善するため、帳票のフォーマット改善を計画しています。装置生産に必要な帳票は多数あり、1つの作業で複数の帳票を見ないといけない場合は、作業効率が悪く、作業手順が明確に示されていないのが現状です。複数の帳票を新しいフォーマットで一つに集約することで、作業効率を改善し、生産効率を上げたいと考えています。早期にフォーマットの置き換えを実現し、現場で使用した結果を踏まえて修正を繰り返し、より良い帳票の形を作っていきたいと考えています。

「荏原らしさ」とは

お客様の工場を訪れた際に、何十台も設置されている荏原のCMP装置を見た時は、すごいなと率直に思いました。本当に使って頂いているのだなぁ、と実感が湧きました。関わっていたのはCMP装置の一部ですが、その仕事が産業の発展を支え、暮らしを豊かにすることに繋がり、社会に貢献することになるのだと自覚した覚えがあります。まさに社会を下支えする「荏原」の存在感を見た思いがしました。

photo photo photo