実効性の高い新たなシステム構築は、緻密さとともに荏原の成長戦略の根幹を支える自負が必要になる。

学生時代の専攻がこう活きる

学生時代はボート部に所属し、大勢のメンバーと意見を交わしながら目標に対して最適なアプローチを考え、実践しました。仕事も一人だけで進めることはありません。長丁場となる仕事でも、周りの意見を整理しながら取るべき行動を選択し続けるバランス感覚は学生時代の経験で培われたものだと思います。

現在の仕事

現在私が携わっている仕事は、受注生産型ポンプの生産管理システム保守です。昨年(2016年)、長年使われた生産管理システムを刷新しました。システム切り替え直後という状況の中での私の役割は、システムの中で日々発生する、製品に使用された資材情報や生産現場の作業員の作業時間情報といった、あらゆるデータから1つの製品にかかった原価を計算し、財務会計・管理会計に利用可能な情報として提供する仕組みを安定して稼働させることです。予期せぬ事態が発生したとき、システム利用者の業務が止まらないよう、ITの観点からだけではなく、生産業務や会計に関する知識も総合して迅速に解決することが求められます。入社理由は、製品に魅力を感じたことが最大の理由です。大学で環境保全の勉強をする中で、水インフラに関心を持ちました。日本では蛇口をひねれば水が出てきます。本当は当たり前ではないことを当たり前として実現するための欠かせない要素の一つがポンプ。表立って注目を浴びることはなくとも、社会を根幹から支えている製品の生産に携わりたい、と考え荏原に入社を希望しました。

仕事のやりがい

業務システムは生産、調達、販売や会計といった各々の業務を支援します。同時に、例えば受注し製造するという業務の流れの中で販売業務システムに存在する製品仕様に関わる情報を生産管理システムに送ってその後の業務に繋げるといったように、独立した業務同士を繋げ会社全体の一連の業務プロセスを作る役割も担います。自分の担当するシステムだけでなく、関連する業務やシステムを理解し、整理しながらシステムを構築しなければ業務に停滞を生むため、その為の知識の習得や関係者との調整に苦労しています。それでも、苦労して作った仕組みが想定通りに動き、「助かった」と言ってもらえると、非常にやりがいを感じます。またデータ分析に関する需要も高まっているので、情報部門として社内の数ある業務とシステム・データの特性を理解し、戦略的に価値ある情報を提供できるようになりたいと思います。

photo photo photo

「荏原らしさ」とは

1年目に担当したシステム開発で、リリース直後に予期せぬ原因によるデータ不備が見つかりました。すぐに対応したものの、他に問題がないか不安になり、残業中の別の部署の先輩に相談したところ、正しいデータを提供する為に全てデータを確認しようと言われ、夜遅くまで一緒にチェックをしました。感謝すると同時に、自分と直接関係のない所で起きた問題でもユーザのためと組織の枠を越えて仕事をする姿に熱と誠を感じました。