PRODUCTS &
TECHNOLOGY製品紹介

社会インフラを支えるEBARAの製品群

国内はもとより、世界の国々の社会インフラを支え、安心・安全で豊かな生活を実現するEBARAの独創的な技術を結集した製品を紹介。

EBARA 主要製品の仕組み~EBARAの技術を知ろう~

Note01

ポンプの基本構造を知る

世界に評価される
EBARAの高圧ポンプ技術

荏原の海水ポンプは、最適な材料選定と高い製造技術に基づいた腐食に強い、高効率のポンプです。中東などを中心に豊富な納入実績があり、納入先から高い信頼を得ています。写真の海水ポンプは、海水淡水化用高圧ポンプとして1台当たりのポンプ出力が5000kWを超える世界最大級の規模であり、同時に海水淡水化用高圧ポンプとして世界最高レベルの効率を達成しています。またプラント全体の電力量を低減することで運転コストの縮減も実現。今後も発電所やプラントの冷却水用などで活躍する海水ポンプも含め、世界の海水ポンプ市場にEBARA製品を積極的に展開していきます。

EBARAの高圧ポンプ技術

大型立型ポンプ構造図【立軸斜流型機種】

大型立型ポンプ構造図

Note02

冷凍機の基本構造を知る

冷凍機のパイオニアEBARA

荏原は、1930年に日本で国産初のターボ冷凍機を開発して以来、冷凍機械のリーディング・カンパニーとして、ターボ冷凍機、吸収冷凍機、スクリュー冷凍機、氷蓄熱システムなど、さまざまな製品を開発・提供し、国内はもとより世界各地で多数の実績を納めています。
また製品やサービスの提供を通して、地球温暖化対策などにも貢献しています。

冷凍技術と打ち水の関係

夏の夕方、庭や玄関先に水を撒くと、涼感が得られます。
これは水の蒸発で地面の熱が奪われることによって起こる現象です。
冷熱技術は、この原理を応用したものです。

冷凍技術と打ち水の関係

冷凍機構造図

冷凍機構造図

Note03

コンプレッサの基本構造を知る

EBARAの設計・製造技術の革新が世界のエネルギー供給を安定化する

荏原は米国エリオット社と技術提携をして1970年にプロセスガス圧縮機を納入して以来、世界各地にプロセスガス圧縮機および蒸気タービンを供給して来ました。2011年にはエリオット・グループとして米国エリオット社と統合経営を開始。現在は日米の両製造拠点を軸にグローバルサービス・ネットワークを展開し、世界のエネルギー供給に貢献すべく、プロセスガス圧縮機・蒸気タービンの製造およびサービスの提供を続けています。

EBARAの設計・製造技術の革新が世界のエネルギー供給を安定化する

コンプレッサ
3次元モデルからの展開

コンプレッサ
PAGE TOP