ニュース & メディア

ターボ機械協会より「平成29年度 論文賞」を受賞

2018.07.04
株式会社荏原製作所

論文賞の賞状

 荏原製作所(以下:荏原)は、ターボ機械協会より「平成29年度 論文賞」を受賞しました。荏原製作所が筆頭著者としてターボ機械協会から論文賞を頂くのは本論文で6本目となります。

 今回受賞した論文は、ターボ機械協会誌第45巻3号に掲載された「産業用立軸多段ポンプの形態最適化設計適用に関する研究」で、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同研究を行っている成果をまとめたものです。形態最適化技術とは、ポンプの信頼性を重視した最適設計法に関するもので荏原はJAXAにより開発されているこの技術を産業応用すべく、JAXA、室蘭工業大学と共同で研究を行っています。

 荏原は、これからもE-Plan2019の重点施策に掲げている「製品競争力の強化」につながる研究開発に努めてまいります。

過去のターボ機械協会 論文賞受賞歴
受賞年 件 名 著 者
2017年 産業用立軸多段ポンプの形態最適化設計適用に関する研究 荏原4名、JAXA2名、室蘭工業大学1名
2005年 蓋付スロットモデルによる開閉水路共存系流れの過渡現象解析(寸法拡大効果と固有値解析) 荏原1名、早稲田大学2名
2000年 3次元逆解法によるディフューザポンプ段落の設計 荏原4名、ロンドン大学1名
1997年 可変ディフューザ羽根付ノンサージ遠心圧縮機 荏原1名
1995年 二次流れのアクティブ制御によるポンプ特性の安定化 荏原3名
1994年 遠心ポンプのキャビテーションに伴う脈動現象に与える羽根車形状の影響 荏原1名