ニュース & メディア

タイでポンプのセミナーを実施

2018.09.18
株式会社荏原製作所

バンコク郊外のチャイヤヌチット取水ポンプ場を見学する受講生の皆さん

 荏原製作所(以下:荏原)は、2018年8月30日~9月5日にかけてタイのバンコクでポンプのセミナーを行いました。今回のセミナーは、Asian Institute of Technology (AIT)との共催28回目になります。セミナーにはタイ、ベトナム、バングラディッシュ、カンボジア、フィリピン、スリランカの6カ国から52人が参加しました。

 セミナーでは、給水設備向けポンプ技術をテーマに、送水・取水ポンプの仕様の決め方や、ポンプの省エネルギー運転の比較、浄水場・取水ポンプ場への見学ツアーなどを行いました。

 荏原は、技術指導などの国際協力を通じて、世界各国で相互理解を深めてきました。1989年の畠山清二記念荏原基金設立以来、世界各地でセミナーを270回以上開催しており、延べ13,000人以上が参加しています。2018年度は計6回のセミナーを予定しています。

 荏原は、今後もポンプをはじめとする製品・サービスの提供をするだけでなく技術セミナーなどの国際協力活動を通じて、東南アジア・南米諸国などの発展に貢献していきます。

Business Contact Point in Thailand
Pump Business Ebara (Thailand) Limited (ETL)
http://ebara.co.th/index.php/en/
チャイヤヌチット取水ポンプ場には5台の荏原ポンプが納入されています。この取水ポンプ場では河川水を取水し、約58km離れた貯水池に送水しています。貯水池に蓄えられた水は、上水、工業用水、灌漑用水に使われています。