CSR

高い倫理観をもって事業を行い、人々との信頼関係を築きながら、社会・環境の価値向上を目指します

多様性

多様性(ダイバーシティ)

多様性の尊重

 2030年度に向けた長期ビジョン「E-Vision2030」の中で、人材の活躍促進を重要課題の一つに位置づけました。ダイバーシティ推進部門の設置など、多様な人材が働き甲斐と働き易さを感じながら活躍し、競争し、挑戦する企業風土を具体化します。

ダイバーシティ宣言

 "一人ひとりが強みを発揮し、仕事を通じて成長できる環境をつくります。
 お互いの価値観を尊重し、相互に響き合う企業文化への変革を進め、会社の成長、社会への貢献を実現していきます。
 業務革新・生産革新を行い、多様な働き方を選択できる職場づくりを目指します。"

 荏原がより強い企業となり成長し続けるために、これまでの日本人男性中心の会社経営に、性別や国籍などにとらわれず多様な人材を参加させます。また、従業員一人ひとりが個性を活かし、能力を最大限に発揮できる就業環境を整えています。

ダイバーシティ推進の取り組み

 「意識改革、風土改革」「制度・環境の整備」「業務改革、業務の見える化」の3方向からの取り組みを実施し、”女性活躍推進を切り口とした働き方の改革”を推進しています。

女性活躍推進

従業員・基幹職における女性比率と目標

 女性従業員が仕事を通じ成長している実感を持ち、自らの能力が発揮できていると感じながら働ける会社を目指しています。そして、その実現に向けて働くことに誇りを持ち、キャリアアップができる支援をしています。

女性の活躍企業データーベース

 2019年12月現在、荏原の女性従業員比率は20.9%、基幹職(*)に占める女性従業員比率は6.8%、マネージャーに占める女性従業員比率は5.5%です。

*基幹職とは、管理職を指します。

えるぼし認定

 女性活躍推進法に基づき、女性の活躍推進の取組状況などが優良な企業に厚生労働大臣より与えられる「えるぼし」第3段階の認定を取得しました。

 *えるぼし認定基準:①採用 ②継続就業 ③労働時間等の働き方 ④管理職比率 ⑤多様なキャリアコース

女性従業員数・基幹職数の推移

女性従業員数の推移
女性基幹職数の推移
男女別の平均勤続年数
新卒入社の男女比率(技能職は省く)
※各年4月1日現在

女性のためのキャリア形成支援

 女性従業員を基幹職、基幹職手前、若手の3階層に分類し、各層に合わせたキャリア形成支援の強化・加速を行っています。
*基幹職とは、管理職を指します。

【具体的な取組み】
経営者層講師による講義
 基幹職手前層の女性を対象に中長期的なキャリアに対しての気づきと視座を高めるための勉強の機会を提供しています。

女性基幹職によるキャリア紹介
 女性基幹職による仕事経験コラム紹介を通じて仕事と家庭の両立方法、困難な局面での乗り越え方等女性従業員のキャリア形成パスのヒントを定期的に発信しています。

外部研修への派遣
 女性従業員の能力開発および成長の促進を目的に、外部研修に継続的に派遣しています。知識やスキルを習得するだけでなく、社外ネットワーク拡大につながっています。

外部評価

各種団体や都道府県などが実施する女性活躍推進に関する認証を取得しています。

主催団体 認証制度
新潟県 ハッピー・パートナー企業(新潟県男女共同参画推進企業)
宮城県 女性のチカラを活かす企業
愛知県 あいち女性輝きカンパニー
愛知県 ファミリー・フレンドリー企業
広島県 仕事と家庭の両立支援企業
福岡県 子育て応援宣言登録証
名古屋市 子育て支援企業
広島市 広島市男女共同参画推進事業者表彰
大阪府 男女いきいき・元気宣言事業者
大阪市 大阪市女性活躍リーディングカンパニー
※2020年4月現在

外国籍従業員の雇用

 2011年より積極的に外国籍従業員の本社採用を推進しています。人事・人材開発方針に即し、グローバル競争に対応したスピード感の事業遂行を可能とするため外国籍人材の雇用と活用を推進しています。

また、外国籍従業員が積極的に活躍できる様々な支援策も行っています。荏原グループのグローバル発展のために、人材のグローバル化、多様で優秀な人材の確保と育成を継続します。

障がい者雇用

 地域・社会と一体になって障がい者の職業的自立と社会参加の場の創出を図るとともに、荏原グループの障がい者雇用率の向上に取り組んでいます。その一環として、2012年度に特例子会社「荏原アーネスト(株)」を設立しました。

高齢者の活用

 日本国内の荏原グループは60歳を定年と定めていますが、特殊な技能、技術、資格や知識を有する人、高度で卓越・熟練した専門能力を持つ人を定年後も再雇用する制度を設け、高齢者の活用に努めています。