株主・投資家情報

取締役会の実効性評価

取締役会の実効性評価

当社は、コーポレートガバナンスを有効に機能させるために、取締役会がどのように貢献しているかを検証し、課題を抽出し、改善を図る目的で、取締役会自身が取締役会全体の実効性について分析・評価を行い、その結果の概要を開示することとしております。

2018年度の当社取締役会の実効性評価に関する評価結果の概要

①2018年度の分析・評価結果

分析の結果、取締役会の監督機能が十分に発揮され、より高い実効性が確保できていると評価しました。
一方で、今後も継続的に取り組むべき課題があることを認識しました。

②今後の対応

以下の各事項について、今後継続的に取り組むことで、取締役会の実効性をさらに高めていく事を確認しました。

企業価値の向上に資する長期的な課題及び中期経営計画の進捗と課題に関する議論の充実
重要な課題について、取締役会審議後の取組・改善状況の継続的なモニタリング・実行に向けた後押しの強化
取締役会の規模・構成の定期的な検証
社外取締役のサクセッションプランに関する議論の充実