重要文化財

赤楽茶碗 銘 雪峯 本阿弥光悦作

(あからくちゃわん せっぽう ほんあみこうえつ)

年 代:江戸時代
材質・技法:陶器
サイズ(cm):高9.4 口径11.6 高台径4.2 胴径12.9

腰から胴にかけて丸く張り、鞠のように円満な姿をしているこの赤楽茶碗は、「光悦七種」の一つに数えられる。全体にやや厚めで、内側に抱え込むような口縁から胴、高台にかけて、太くて大きな火割れがあり、いずれも金粉漆繕いが成されている。「雪峯」の銘は、一方の口縁から胴にかけてなだれるようにかけられた白釉を、山嶺に降り積もる白雪に、また火割れを雪解けの渓流になぞらえて、光悦自ら命銘したといわれる。