展覧会情報

  • 開催中の展覧会
  • 次回の展覧会
  • 展覧会スケジュール
  • これまでの展覧会
冬季展終了いたしました

新年の宴―トリ年を祝って―

平成29年1月14日()~3月12日(

平成29年の干支は「トリ」。そこで、鳥にちなんだ作品で新年をお祝いいたします。鳥は古来より身近な動物であり、また福や幸を運ぶ瑞鳥として尊ばれてきました。本展では、鳥を表現した作品とともに、正月から早春にかけての季節の茶道具を取り合わせて展示いたします。鶴や松などおめでたい意匠の漆芸品も併せてご覧いただきます。新年を寿ぐ華やかな宴をお楽しみください。

 

新年の宴―トリ年を祝って

展覧会チラシ


開館時間

午前10時~午後4時半(入館は午後4時まで)

休館日

毎週月曜日、2月10日(金)

入館料

一般700円(600円)
大学生・高校生500円(400円)
( )は20名以上の団体料金
※中学生以下無料(ただし保護者の同伴が必要です)
※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は100円引です

お抹茶

500円(干菓子付き)
午前10時より午後4時まで展示室にて随時

 

関連イベント

(展示品について学芸員が解説します。約60分)事前申込不要

1月14日()、1月28日()、2月11日()、2月25日() 午後2時より
 
1月19日(木)、2月2日(木)、2月16日(木)、3月2日(木) 午前10時半より

(主要作品を学芸員が解説します。約20分)事前申込不要

1月15日()、2月5日()、2月19日()、3月5日() 午後3時より
 
1月25日(水)、2月1日(水)、2月22日(水)、3月1日(水) 午前11時より
特製和菓子でお茶を一服!


両国・越後屋若狭製の鳥にちなんだ和菓子をお日にち限定で用意いたします。「越後屋若狭」は1740年頃に越後から移り、大名家御用達を務めた茶席用和菓子の老舗。当館創設者畠山即翁も贔屓にしていました。月ごとに和菓子が変わります。
日時:1月21日()・2月4日()・2月18日()・3月4日()午前10時より美術館受付にて先着順に茶券を販売します(なくなり次第終了となります)。
料金:800円(抹茶つき)※別途入館料が必要です

「はじめてのお抹茶体験!―季節の掛軸とともに」


当館学芸員と本館展示室をご見学後、苑内のお茶室(通常非公開)で、ゆっくりと主菓子とお抹茶をお楽しみください。特別な作法も持ち物も必要ありません。お抹茶の召し上がり方の簡単なレクチャーをいたしますので、はじめて当館へお越しくださるお客様もぜひお気軽にご参加ください。
日 時:2月12日()①午前10時30分~11時40分 ②午後1時30分~午後2時40分
会 場:当館講堂・茶室 定員:各回12名
参加費:900円(抹茶・主菓子代)※別途入館料が必要です
申込方法:往復はがきの「往信用裏面」に希望時間の番号・郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・年齢・電話番号・友の会会員様は会員番号を、「返信用表面」に郵便番号・住所・氏名を明記のうえ、下記の宛先までお送りください(はがき1枚につき1名でお願いします)。
申込先:〒108-0071東京都港区白金台2-20-12 畠山記念館「はじめてのお抹茶体験」係
申込締切:平成29年1月18日(必着)※応募者多数の場合は抽選となります。

展示作品紹介
  • 竹鶏図 松花堂昭乗筆
    江戸時代(1/14~2/9)

  • 唐子遊図 狩野探幽筆
    江戸時代(1/14~2/9)

  •  蓬萊山蒔絵沈箱
    鎌倉時代(2/11~3/12)

  • 関戸本古今集切 伝 藤原行成筆
    平安時代(2/11~3/12)

  • 芦屋浜松地文釜
    室町時代

  • 唐物鶴首茶入 銘 養老
    南宋~元時代

  • 古赤絵花鳥文瓢形徳利
    明時代

  •  



展覧会スケジュール
(期間:2017年4月~2018年3月)